補聴器によくある勘違い

「補聴器を付ければ言葉がはっきり聴こえる」
このような言葉を聞いたことがありませんか?実はこれは間違いです。
補聴器を使う上では「純音聴力」、「語音聴力」の2つが重要となります。純音聴力とはどれくらいの音の大きさで聴こえるか、語音聴力(語音明瞭度)とはどれくらい言葉を聴き取れるか、ということになります。

補聴器で出来ることは、「純音聴力を補う」ことであり、語音聴力を補うことではありません。補聴器を付けて言葉がはっきりするかどうかは、その方が持っている言葉を聴き取る力に依存します。しかし、年齢を重ねると腕や足の筋肉が衰えるように、言葉を聴き取る力も少なからず衰えてきます。言葉を聴き取る力は補聴器では補うことは出来ないのです。


補聴器の基本的な考え方は、補聴器によって「適切な音量」で、その方の語音明瞭度を最大限発揮できることを目指します。極端な例を言えば、語音明瞭度0%(言葉を全く理解出来ない)の場合に補聴器を付けても、言葉を理解出来るようにはならないのです。適切な調整を行い、訓練することによって少なからず語音明瞭度が改善する場合もありますが、補聴器を付ければ言葉がはっきり聴こえる、というのは大きな間違いです。このような補聴器の限界をしっかり知った上で補聴器を購入しなければ、「期待していた効果が全く得られない」ということにもなりかねないのです。

最近、補聴器について勘違いされている方も多く見受けられます。以前より聴こえが悪くなったと感じた場合は、治療によって改善する場合もあります。まずは耳鼻咽喉科で相談し、その後医師の指示に従って補聴器を検討するのが良いでしょう。

前の記事

入店制限について